宿の口コミや評価の判断方法 伊豆オーシャン美遊

サイトマップ  
  伊豆オーシャン美遊  
  トップページ東伊豆南伊豆西伊豆  
 

 
  伊豆オーシャン美遊トップ 口コミ・評価の判断の仕方  
  伊豆各所エリアの特徴

東伊豆・南伊豆・西伊豆の旅行エリアの選び方

伊豆半島の「どの辺りに旅行するのか」を決める場合に、ちょっとしたそれぞれのエリアの特徴を紹介しておきます。

伊豆への旅行は、やはり「海」が最大の魅力です。東伊豆・南伊豆・西伊豆、それぞれの海の景色と表情を、大切な思い出のシーンとしてたくさん刻んで頂けたらと思います。


東伊豆 / Higashi IZU

まず、初めての伊豆旅行やできるだけ近場が良い方、公共交通機関での旅行であれば、伊豆半島の右側「東伊豆」への旅行をおすすめします。

伊豆の中でも「東伊豆」は人気の旅行観光エリアとなっており、車や電車などでの関東からのアクセスも良く、観光施設・観光スポット・宿泊施設もたくさんあります。

熱海温泉から伊豆高原のエリアは特に人気が高く、伊豆への旅行と言えばこのエリアを挙げる人も多いかと思います。

伊豆への初めての旅行であれば、総合的にみて、まずは「東伊豆」への旅行がおすすめです。


南伊豆 / Minami IZU

伊豆半島の下側、半島の先端にあるのが「南伊豆」です。

この「南伊豆」には下田温泉と下賀茂温泉などがあり、特に海水浴シーズンに賑わいます。伊豆の中でも特に海の水が綺麗な海岸が多く、海水浴・シュノーケリング・磯遊び・ビーチで遊ぶ目的で訪れるなら、この「南伊豆」が特にオススメです。

一番南(下側)に位置しているため、伊豆の中でも最も遠い場所にはなるのですが、下田市までは東側の海岸沿いに電車も通っているため、公共交通機関でのアクセスも可能です。


西伊豆 / Nishi IZU

伊豆半島の左側「西伊豆」には電車が通っていないため、マイカー・バス・フェリーなどでの旅行になります。

派手な観光施設は少ないものの、世界遺産の富士山を見ることができ、さらに、海に沈んでいく夕日を見ることができるのは「西伊豆」だけです。

都会や人の多い観光地とは違い、素朴な漁師町の雰囲気や、ありのままの自然を感じる癒し旅行ならこの「西伊豆」がオススメです。

海の見え方 / 宿の選び方

海が見える宿や海の見える露天風呂の選び方

一言に「海一望・海が見える・オーシャンビュー」と表現されていても、その見え方は様々です。

すぐ目の前が海で、遮るものがない一面の海なのか?

手前に森や街並みがあり、その向こうに続く海なのか?

どちらも同じように「海一望・オーシャンビュー」と表現されることが多く、この違いによって、自分が思い描いている海の見え方のイメージと大きく違う場合もあります。

もちろん、どちらが「良い / 悪い」などはありません!

緑の森や街並みの向こうに壮大な青い海が広がるのも素敵な海景色ですし、すぐ目の前が一面大海原というのも、また素敵な海景色です。

当サイトでは、できる限り「海がしっかりと見える宿」を掲載しておりますが、その「見え方」は宿それぞれであり、「海が見える」のイメージも人それぞれになります。

どうしても「海の見え方」にこだわりをもって宿を選ぶ
のであれば、どのように海が見えることを希望しているのか明確なイメージを持ったうえで、写真や地図なども参考にしながら海の見える宿を選ぶことが重要だと言えます。

また、お部屋から海が見えても露天風呂からは見えない、なんてことも当然ありますし、その逆もあります。「客室からも露天風呂からも食事場所からも、どこからでも海が見える宿」となると、それなりに限定されてしまいますが、伊豆に数多ある宿の中にはどこからでも海を見ることができる宿ももちろんあります。

なお、いずれにしても、遠景に海が見えるような宿は天候次第では雨や霧などで海が見えなくなることが少なからずありますので、緑や街並みの向こうに広がる海の景色も捨てがたいですが、「絶対に海を見たい!」というのであれば「目の前が海の宿(海との距離が近い宿)」を探した方が天気などに左右される可能性が低く、無難と言えます。

口コミや評価の捉え方

宿の口コミや評価に関する基本的なこと

例えば、単純に、

1.投稿数が多ければ、信憑性が高く、平均は下がりやすい傾向にある。
2.投稿数が少なければ、信憑性は低い。
3.サイトによって評価が大きく違うこともある。
4.個人的な趣味趣向や主観的な表現も多くある。


などが基本的な事としてまず挙げられ、その他にも、

5.料金が高い宿は厳しい評価になりやすい。
6.それまでの感想の流れが、以後も同じ流れで続きやすい。
7.宿自らの表現が大きいと厳しい評価になりやすい。


なども傾向としてよく表れる現象です

「5」は、高い料金を払っているわけですから、ハード面もソフト面も「それ相応」でないと基準が厳しくなってしまうことは当然ですし、高級旅館に泊まるような人は旅行慣れしている人や今までにも多くの高級旅館やホテルに泊まってきた可能性も高く、それらと比較しやすい人たちですので高級宿には口コミが厳しくなりがちです。

反対に、リーズナブルな宿は低価格である点も考慮され易いため、それなりの評価になりやすいです。ほか、中間に位置する宿の中でも「ハード・ソフト面共に高級宿には少し及ばないにも関わらず、中途半端に高めの料金設定をしている宿」は厳しい口コミになり易いです。

「6」の「同じ流れが続きやすい」は、良い面でも悪い面でもイメージが連鎖しやすいことや、他の大多数がそう思うのであればきっとそうなんだろうと思い込み易いこと、今までの話の流れからそれと同じようなことは書き易いというようなことが考えられます。

また、実際に宿泊する前から「先入観」を持ってスタートラインに立ってしまうために、「あまり考えもせずに先入観のまま捉えてしまう」ということがあります。

事前の評価が「悪い場合」には「あぁこういうことね、なるほどな、やっぱりね…」と、事前に知っていた情報を軸に最初から見てしまうことがあります。

逆に事前の評価が「良い場合」でも、何らかの粗相やハプニングがあったりすると、この先入観が逆に作用してしまい「口コミほどじゃなかった…、期待してたのに…」となってしまうこともあります。何も期待していなければそれなりに良かったはずなのに、事前の期待値が高かったために評価を落としてしまったり、厳しい口コミを書かれてしまったりということがあり得ます。

さらに、口コミ掲示板などに感想を書く状況で言えば、マイナス意見や悪い口コミが多く並んでしまっている場合には、心理的に次の人もマイナスの意見を書き込み易くなりますので、口コミの掲示板を見る際には、そういった「流れ」や「先入観と結果」などもしっかりと把握すべき点と言えます。

「7」は、宿側が自ら大きな表現を使っていると、事前の期待感が高くなりすぎるために評価が厳しくなることがあります。集客のためのアピールはもちろん必要ですし、自負しているポイントはしっかり宣伝するべきだとは思いますが、あまりに表現が大きかったり客観的な視点から離れすぎていると、実際の宿泊者からは厳しい評価になってしまうことがあるため、バランスと加減が難しいところではあると思います。


宿の口コミや評価で重要なこと

次に、「何を基準にして、そう判断したか」がとても重要になってきます。

「料金設定」が基準なのか?
「過去の経験」が基準なのか?
「他の宿との比較」が基準なのか?
「当日のどんな内容」を基準にしたのか?

など、口コミや評価を見る際には、その人は何を基準にそう判断したのかを推察する必要があります。そうすることで、より正確にその人の「真意」つまり「その宿の正確な情報」をつかむことができます。

また、「同じ人」でも、その「判断基準を変える」だけで「まったく違う口コミ」になってしまうことも大いにあり得ます。

極端な例ですが「同じ人が同じ宿」に泊まった場合でも、「料金を基準にして考えると素晴らしい宿」になるけれど「前回の高級宿と比較するとかなり物足りない宿」になる、というような具合です。

他に低評価としてよくあるパターンが「たまたま」というものがあります。例えば「たまたま改装中で利用できない湯舟があった・たまたま設備不良のタイミングだった・たまたま従業員がミスをした」などです。もちろんこれらもすべて無いようにできたらベストですし、他の部分でカバーやフォローができればベターですが、現実的にはなかなか難しいと思います。なお、これら「たまたま」と思われる同じ内容がいくつも書かれている場合には、それは「たまたま」ではなく、そういう宿と判断することもできます。

また「たまたま」と近いところですが、宿側が少し不憫だなと思うものに「上の階の人が大騒ぎしていてうるさかった・風の音がうるさかった・露天風呂に虫がいた・天気が悪くて景色が良くなかった」から「星1つ!」のような、宿に同情したくなる評価もあります。これらもフォローやカバーが完全に不可能ではないかと思いますし、天気以外については少しだけなら何とかできないこともないかとも思いますが、現実的に考えて「これは少し宿が不憫だな…」と思う口コミの評価も多々あります。

これらも踏まえ、ただ単に「良い・悪い」「1点~5点」などを見るだけでなく、この「判断基準」を推察したり把握することが、口コミや評価を読み取る際にとても大切になってくることと言えます。


口コミや評価の正しい見方

スマートホンの普及によりインターネットがより身近になった現代では、調べごとはネットで行う人が増え、旅行業界に限らずどの業界もその影響を大きく受けています。

今でも旅行雑誌や公式ホームページの影響はもちろん大きいですが、旅行サイトを見てから宿を選ぶこともごく一般的になり、そこにある「口コミ」や「評価」という項目には多大なる影響力があります。

ステマや業者や嫌がらせなどでなければ、通常は「実際に旅行をした人・その宿に宿泊した人たち」の感想になるので「それなりに信憑性が高い」ことは間違いありませんが、書かれていることだけを鵜呑みにして取捨選択をすることが、必ずしも正しい判断ではないことが少しでもおわかり頂ければと思います。

そもそも、「感じ方・捉え方」は「人ぞれぞれ」です!

ここまで解説してきて、まとめがこれでは味気ないですが、口コミは「あくまで "参考程度" に」というのが「口コミや評価」の最終的な正しい捉え方だと考えています。

 
 

東伊豆

南伊豆

西伊豆


海が見える宿の選び方  掲載宿一覧  所要時間  伊豆リンク  運営について


 
 

「海の見える宿」や「海が見える露天風呂」を含めたすべての掲載内容に関しまして、ご自身で必ず最新情報や詳細を公式等でご確認のうえ、楽しい伊豆旅行へとおでかけ下さいませ。伊豆にはオーシャンビューの素敵な宿、素敵な温泉がたくさんあります!

掲載している伊豆のおすすめ温泉宿などすべてに関して、海の見え方・オーシャンビューの具合・露天風呂の概要・各詳細など、当サイトが調査した際の内容や基準で掲載されております。また、掲載時の内容から変更されている場合もございますので、最新情報や詳細は各公式サイト等で必ずご確認ください。

このページの上に戻る

Copyright 2014~ 伊豆オーシャン美遊.