宿の口コミや評価の判断方法 伊豆オーシャン美遊

サイトマップ  
  伊豆オーシャン美遊  
  トップページ東伊豆南伊豆西伊豆  
  伊豆オーシャン美遊トップ 口コミ・評価の判断の仕方  
 

伊豆「東・南・西」の選び方

伊豆半島の「どの辺りに旅行するのか」を決める場合に、ちょっとしたそれぞれのエリアの特徴を紹介しておきます。

東伊豆

まず、伊豆への旅行となれば、伊豆半島の右側「東伊豆」をおすすめします。

伊豆の中でも「東伊豆」は人気の旅行エリアとなっており、車や電車などでの関東からのアクセスも良く、観光施設やスポット、宿泊施設もたくさんあります。

特に、熱海から伊豆高原のエリアは人気が高く、伊豆への旅行と言えばこのエリアを挙げる人が多いかと思います。

伊豆への初めての旅行であれば、総合的にみて、まずは「東伊豆」への旅行がおすすめです。

南伊豆

その「東伊豆」の先にあり、伊豆半島の下側にあるのが「南伊豆」です。

この「南伊豆」にあるのが下田温泉で、特に海水浴シーズンに賑わいます。

伊豆の中でも特に海の水が綺麗な海岸が多く、海水浴やビーチで遊ぶ目的で訪れるのであれば、この「南伊豆」が特にオススメです。

一番南(下側)に位置しているため、伊豆の中でも最も遠い場所にはなるのですが、下田市までは電車も通っているため、公共交通機関でのアクセスも可能です。

西伊豆

伊豆半島の左側「西伊豆」には電車が通っていないため、マイカーかバス、一部フェリーなどでの旅行になります。

「東伊豆」と違い、観光施設は少ないものの、世界遺産の富士山を見ることができ、さらに、海に沈んでいく夕日を見ることができるのも「西伊豆」です。

都会や人の多い観光地とは違い、素朴な漁師町の雰囲気や、ありのままの自然を感じる癒し旅行であればこの「西伊豆」がオススメです。

伊豆への旅行は「海」が最大の魅力です。

東伊豆、南伊豆、西伊豆、それぞれの海の景色と表情を、大切な思い出のシーンとして、たくさん刻んで頂けたらと思います。

海が見える宿・露天風呂の選び方

一言に「海一望・海が見える・オーシャンビュー」と表現されていても、その見え方は様々です。

手前に森や街並みがあり、その向こうに続く海なのか?

すぐ目の前が海で、遮るものがない一面の海なのか?

どちらも同じように「海一望・オーシャンビュー」と表現されていることが多く、この違いによって、自分が思い描いているイメージと違う場合もあります。

もちろん、どちらが良い・悪い、などはありません!

緑の森や街並みがあって、その向こうに海が広がるのも素敵な海景色ですし、遮るものがなく目の前が大海原というのも、また素敵な海景色です。

当サイトでは、できる限り「海がしっかりと見える宿」を掲載しておりますが、その見え方は宿それぞれであり、捉え方も人それぞれになります。

どうしても「海の見え方」にこだわりをもって旅行をするのであれば、どのように海が見えることを「海の見える宿」として自分が考えているのか、明確なイメージを持って宿を選ぶことが重要だと言えます。

なお、遠景に海が見えるような宿は、天候次第では海が見えなくなることがあります。「絶対に海を見たい」というのであれば、「目の前が海」の宿を探した方が無難です。

また、お部屋から海が見えても露天風呂からは見えないことも当然ありますし、その逆もあります。

「部屋からも露天風呂からも、どちらからも海が見える宿」となると、それなりに限定されます。

当サイトでは、すべての宿に対して「海が目の前」等の情報はアイコンで表示しておりますし、じゃらんnetなどでは、宿個別のフォトギャラリーや口コミ欄でも確認できる場合もありますので、ぜひ、そちらも参考にしてみて下さい。

口コミ・評価の基本的なこと

例えば、単純に、

「投稿の総数が多ければ、平均は下がりやすい傾向にあること」
「投稿の総数が少なければ、信憑性が低いこと」

などが基本的な事として、まず挙げられます。
その他にも、

「料金が高い宿は厳しい評価になりやすい」
「それまでの評価の流れが、以後も同じ流れで続きやすい」

なども傾向としてよく表れる現象です

前者は高い料金を払っているわけですから、ハード面もソフト面も、それ相応でないと基準が厳しくなってしまうことは当然ですし、高級旅館に泊まるような人は、旅行慣れしている人や、今までにも多くの旅館に泊まってきた可能性の高い人たちですので、高級宿には口コミが厳しくなりがちです。

反対に、リーズナブルな宿は低価格な点を考慮され易いため、それなりの評価になりやすいです。ほか、中間に位置する中でも「ハード・ソフト面共に中途半端であるにも関わらず、中途半端に高めの料金設定の宿」も厳しい口コミになり易いです。

次に、後者の「同じ流れが続きやすい」は、イメージが連鎖していることや、他の大多数がそうであればきっとそうなんだろうと思い込み易いことが考えられます。

また、実際に利用する前から「先入観」を持ってスタートラインに立ってしまうために、その「先入観のまま捉えてしまう」ということことも考えられます。

なお、思い込みを持ってしまった場合や、何らかのハプニングがあった場合、個人の判断がしっかりしている人にとっては、この先入観が逆に作用してしまい「口コミほどじゃなかった…」となってしまうこともあります。

この場合、何も期待していなければそれなりであったのに、期待値が高かった為に評価を落としてしまったり、厳しい口コミを書かれてしまったりということがあり得ます。

さらに言えば、マイナス意見(悪い口コミ)がない場合に比べ、マイナス意見が多く並んでいる場合には、次の人もマイナスの意見を書き込み易くなりますので、口コミの掲示板を見る際には、そういった「流れ」や「先入観と結果」なども考慮すべき点と言えます。

口コミ・評価で重要なこと

次に、「何を基準にして、そう判断したか」がとても重要になってきます。

料金設定を基準にしたのか
過去の経験を基準にしたのか
他の宿と比較を基準にしたのか
当日のどんな内容を基準にしたのか

など、口コミや評価を見る際には、その人は何を基準にそう判断したのかを推察する必要があります。

そうすることで、より正確にその人の真意、つまりその宿の正確な情報をつかむことができます。

また、同じ人が同じように口コミを書くにしても、その判断基準が変わるだけで、まったく違う口コミになってしまうこともあり得ます。

ただ単に「良い・悪い」「1点~5点」などを見るだけでなく、この「判断基準」を推察することが、口コミや評価を読み取る際に大切になってくることです。

口コミ・評価の正しい見方

スマートホンの普及により、インターネットがより身近になった最近では、調べごとはネットで行う人が増え、旅行業界もその影響を直に受けている業界のひとつです。

旅行サイトでの評判や、公式HPを見てから宿を選ぶことが一般的となり、そこにある「口コミ」や「評価」という項目には多大なる影響力があります。

もちろん、実際に旅行をした人の感想なので、それなりに信憑性が高いことは間違いありませんが、書かれていることだけを鵜呑みにして取捨選択をすることが、正しい判断ではないことがおわかり頂けたかと思います。

そもそもそれら以前に、感じ方や捉え方は人ぞれぞれです。

あくまで「参考程度」に、というのが「口コミ・評価」の正しい見方だと考えています。

伊豆の厳選集めました

トップページ

海が見える宿の選び方

東伊豆「海が見える宿」

熱海

伊東・伊豆高原

稲取・熱川 etc

東伊豆 観光スポット

南伊豆「海が見える宿」

下田・白浜

南伊豆町

南伊豆 観光スポット

西伊豆「海が見える宿」

松崎・堂ヶ島

土肥・戸田 etc

西伊豆 観光スポット

掲載宿の全一覧

伊豆への所要時間

温泉&旅行 リンク

運営について

サイトマップ

Copyright 2014~2015
伊豆オーシャン美遊

 
 

東伊豆

東伊豆で「海の見える宿」

東伊豆 観光スポット

南伊豆

南伊豆で「海の見える宿」

南伊豆 観光スポット

西伊豆

西伊豆で「海の見える宿」

西伊豆 観光スポット

 
 

当サイトに掲載の「海の見える宿」や「海が見える露天風呂」など、温泉旅館や観光スポットに関しては、ご自身で必ず詳細をご確認のうえ、楽しい伊豆旅行へとおでかけ下さいませ。伊豆にはオーシャンビューの素敵な宿、素敵な温泉がたくさんあります!

掲載している伊豆のおすすめ温泉宿などすべてに関して、海の見え方やオーシャンビューの具合、宿や露天風呂の概要など、当サイトの基準において掲載されております。

 

Copyright 伊豆オーシャン美遊. All rights reserved.